ホーム
What'sNew
会社概要
会社所在地
事業内容
技術情報
発破工法
静的破砕剤工法
ビッガー工法
蒸気圧破砕剤工法
FONドリル工法
現場情報
社内メッセージ
リンク
 



(平成16年度版より抜粋)

火薬併用リッパ掘削は、オープンカットに適用する。掘削歩掛は、次表とする。

          火薬併用リッパ掘削1日当り施工量

                -------------------------------------
    岩石区分 単位    施工量
-------------------------------------
    硬   岩 m3       190
-------------------------------------

1日当り掘削歩掛は、次表とする。

           火薬併用リッパ掘削歩掛  (1日当り)

------------------------------------------------------------
            名         称          規          格 単位    数   量
------------------------------------------------------------
   世     話     役   人      0.6
------------------------------------------------------------
   削     岩     工   人      1.3
------------------------------------------------------------
   特  殊  作  業  員   人      1.3
------------------------------------------------------------
   普  通  作  業  員   人      0.6
------------------------------------------------------------
   火       薬桐3号   kg    13.4
------------------------------------------------------------
   火       薬ANFO   kg    19.5
------------------------------------------------------------
   雷       管電気雷管・瞬発
脚線長3.0m・6号
   個    16.0
------------------------------------------------------------
   クローラドリル運転油圧式搭乗式150kg級   日      0.6
------------------------------------------------------------
   リッパ装置付ブルドーザ運転排出ガス対策型32t級   日      0.4
------------------------------------------------------------
   大型ブレーカ運転油圧式1,300kg級   日      0.7
------------------------------------------------------------
   諸   雑   費   率   %      9
------------------------------------------------------------
  (注)1.上表には、法面整形の歩掛は含まない。
2.リッパ装置付ブルドーザ、リッパ掘削歩掛は、リッピング長及びリッパ爪数にかかわらず
  上表による。
3.上表のリッパ装置付ブルドーザ押土歩掛は、30mまでの範囲とする。
  なお、運搬機械に積込むための集積作業の押土歩掛は、上表に含まれる。
4.諸雑費は、ロッド、ビットの消耗費、発破機器類の費用、大型ブレーカ用チゼル
  消耗費であり、労務費、材料費、機械損料及び運転経費の合計額に上表の
  率を乗じた金額を上限として計上する。
5.上表により難い場合は、別途考慮する。


(平成16年度版より抜粋)

岩分類別の掘削歩掛は、次表とする。

            片切掘削(火薬併用機械掘削) 1日当り施工量

          ---------------     ----------   -----------------
               岩石区分          単位            施 工 量
          ---------------     ----------    -----------------
        硬      岩           m3                55
          ---------------     ----------      -----------------

1日当り掘削歩掛は、次表とする。

            片切掘削(火薬併用機械掘削)歩掛    (1日当り)


------------------------ --------------------- ----- ----------
            名         称                         規          格             単位     数   量
------------------------ --------------------- ----- ----------
   世     話     役                                                             人       0.5
------------------------ --------------------- ----- ----------
   削     岩     工                                                             人       1.8
------------------------ --------------------- ----- ----------
   特  殊  作  業  員                                                         人       0.9
------------------------ --------------------- ----- ----------
   普  通  作  業  員                                                         人       0.5
------------------------ --------------------- ----- ----------
   火       薬                             桐3号                               kg      1.8 
------------------------ --------------------- ----- ---------- 
   雷       管                             電気雷管・瞬発
                                              脚線長1.8m・6号                個      7.5
------------------------ --------------------- ----- ----------
   クローラドリル運転                  油圧式搭乗式150kg級        日       0.8
------------------------ --------------------- ----- ----------  
   大型ブレーカ運転                   油圧式1,300kg級                日       0.8
------------------------ --------------------- ----- ----------
   諸   雑   費   率                                                             %       13
------------------------ --------------------- ----- ----------
  (注) 1.上表には、法面整形、破砕片除去、押土、積み込み作業は含まない。
 
      2.諸雑費は、大型ブレーカ用チゼル損耗費、ロッド、ビットの損耗費、発破機器費用
       であり、労務費、材料費、機械損料及び運転経費の合計額に上表の率を乗じた
       金額を上限として計上する。
      3.上表により難い場合は、別途考慮する。



 
Top